2012年04月06日

ニッケル鉱山跡地

道の駅シルクのまち かや正面に煙突が3本あります。

観光客の方々より「あの煙突は何?」って質問を受けます。

皆さん温泉があるのでは!と期待されますが、温泉など出るワケではなく(泣)。

その煙突の由来は「ニッケル鉱山」の跡地で、あの3本のみ残りました。

産業の成り立ち、それに伴う加悦鉄道の栄衰、強制労働の存在があった事等を紹介してます。

またこんな事もありました。

とある日中の関係者さんが訪問され慰霊碑を見られた時、「与謝野町はちゃんと供養をしていただいてますね」とお話してくれました。

ほんのちょっとした会話ですが一人でも多くの方に関心を持っていただけると嬉しいです。

(道の駅シルクのまち かや店長:小田)