2012年08月30日

ちりめん物語~丹後でうまれた奇跡~vol.3

第3話 丹後ちりめん

では、丹後ちりめんはいつから始まったのでしょう。むかしむかしから絹織物が盛んだった丹後。古墳から絹織物が出てくるなど、むかしから織物が織られていたことがわかります。奈良時代、「あしぎぬ」を大和朝廷のみつぎものとしていたという記録があり、「あしぎぬ」というのは平織の素朴な織物でした。平安時代には、細かく繊細な織物「精好」が織られ、高級な絹織物として偉い人の衣服に使われていました。しかし、江戸時代まで織られていた「精好」という織物は、高級品なのでなかなか売れませんでした。お百姓さんも、農作物のできが悪く不作のときが続いていました。

 

「なんとかしなければ」

 

みんなが苦しい生活のなか、絹屋佐平冶という若者が立ちあがりました。絹屋佐平冶は、のちに丹後地域を救う救世主になったのです。この時代の産業の技術は、それぞれの産地で秘密にされていました。西陣のちりめん織りの技術も絶対秘密でした。絹屋佐平冶はなんとかその技術を得るために、京都西陣の機屋さんに住みこみで働きに行きました。

 

(絹屋佐平冶)「丹後から来ました絹屋佐平冶です。よろしくお願いします。」

 

西陣に来てから長い日が過ぎました。

 

(絹屋佐平冶)「どうすれば縮みのある織物ができるのだ。きっと糸のより方にちがいない。」

 

ちりめん織りの秘密の技法とは、「撚糸」です。丹後ちりめんは、経糸には撚りのかからない生糸、横糸には3,000回~4,000回の撚りをかけた糸で機を織ります。織られた生地には細かな凹凸ができ、それを「シボ」といいます。シボがあることで、しわになりにくく、しなやかで風合いがよく、染め上がりの色合いが豊かなものになるのです。これが丹後ちりめんの特徴なのです。

苦労の末、丹後に帰ってきた絹屋佐平冶は、この技法をみんなに教え、またたく間に広がっていきました。

さらに、京都と丹後を往来する中間問屋であった後野村の木綿屋六右衛門(もめんやろくえもん)が西陣の織屋に、100年以上門外不出となっていたちりめん技法の伝授を依頼しました。その後、加悦村の手米屋小右衛門(てごめやこえもん)と、三河内村の山本屋佐兵衛(やまもとやさへい)を京都西陣に送り、技術を習得させました。2人は丹後に戻り、加悦谷にちりめんを広めたとされています。

これがきっかけとなり、今の「丹後ちりめん」の基礎ができあがりました。この技法が伝わり、今も同じ技法でちりめんを織って300年が経ちました。丹後地域を救う大きな影響を与えたのです。

 

謎の男「絹屋佐平冶、手米屋小右衛門、木綿屋六右衛門、山本屋佐兵衛・・・。今まで300年、彼らのおかげで丹後ちりめんというブランドがあるんじゃな。皆も自分たちの地域のために行動できるひとに育ってほしいの。我輩も何かできることはないかの~。」

 

第4話に続く・・・・・

2012年08月29日

ちりめん物語~丹後でうまれた奇跡~vol.2

第2話 蚕(かいこ)さん

丹後ちりめんの原料は絹です。そもそも絹は、何からできているのでしょう。

絹は蚕さんがサナギになる時に吐く糸です。

良い絹を手に入れるには、蚕さんに良いまゆを作ってもらわなければいけません。蚕さんは桑の葉が大好きで、むしゃむしゃむしゃむしゃたくさん食べて成長します。成長した蚕さんは3日間糸を吐き続け、まゆを作っていきます。着物1着分の生地1反には、98kgの桑の葉を食べた蚕さん、数でいうと3,000頭必要なんですよ。蚕さんを飼って繭を作る家は、今ではほとんどなくなってしまいましたが、昔はたくさんの人が蚕を飼っていました。みんなのおじいちゃんやおばあちゃんも蚕を飼っていたんじゃないでしょうか。

伊根町でも、今では漁業や観光業が主な産業となっていますが、蚕を飼う仕事は筒川を支えた重要な産業だったのです。明治から昭和初期にかけ、伊根町筒川村の製糸工場にあった、蚕を育てるための石組み施設「氷室」がありました。

氷室とは冬に埋めた雪を夏まで貯蔵し、室内を冷温に保つものです。蚕は熱さにとても弱いのです。伊根町筒川村では明治33年、蚕を育てるため、繭から生糸を作る筒川製糸が切石を積んで、縦横8メートル、高さ3メートルの氷室を造りました。氷室内では冬場になると、青年団の若者らが雪を入れ、蚕の卵を保管し、地域住民らが1年に4回程度取り出して、農業の合間に蚕を育てる作業に取り組んでいたんですよ。

 

第3話へ続く・・・・・

2012年08月28日

ちりめん物語~丹後でうまれた奇跡~vol.1

第1話 丹後の特性

謎の男「あーはっはっは、実に面白い。なんてステキな地域なんじゃ。あっ、これはこれは皆さんこんにちは。我輩は世界を旅しているトラベラー男爵。トラちゃんと呼んでね。色々旅をしてきたんじゃが、この地域は面白い歴史や魅力がたくさんあるんじゃな。ちょうどよいところにきたんで、今日は皆と一緒にこの地域のことを知ろうと思っておる。それじゃあ行くぞ。」

 

ここはみんなが住んでいる丹後という地方です。

百姓A「なんでゃ~、また雨が降ってきた~や~。」

百姓B「おい、おみゃ~傘もってにゃ~んきゃ~。いっつも弁当だけはちゃ~んと持っとるのにな~。はははは。」

百姓A「うるせぁ~。飯食わんと力で~へんだろ~ぎゃ~。ひゃ~雨宿り雨宿り。」

丹後は一年を通してよく雨が降る地方なのです。秋から冬にかけて吹く季節風を「うらにし」といい、冬はたくさんの雪が降ります。丹後の冬は湿気を含んだ少し重たいぼたん雪が降り続き、そして雪が終わると雨に変わるのです。お弁当はしっかりもって出かけるのに、傘をもっておらず、ビショぬれになるひとが多くいました。それから丹後では「弁当忘れても傘忘れるな」と昔からいわれ、いつ雨が降ってもおかしくありません。

この雨のおかげで、山から流れる水はキレイで、おいしい食べ物が育ちます。みんなが食べているお米や野菜、お魚も、水がキレイだからおいしいんですよ。

百姓A「今日のにぎりめしも、うみゃ~な~。」

百姓B「も~らいっ。」

百姓A「あっ!こら!まて~や~!」

 

 

与謝野町岩屋地区には、野田川に流れる岩屋川の上流に、水がキレイでないと住めない生き物「ゲンジボタル」がいます。さらに上流には、特別天然記念物の「オオサンショウオ」がいます。生き物にとってもこの地域のキレイな水は、とっても必要なんです。

川の水は海に流れ、海の生き物にとっても、漁師さんにとってもキレイな水であることは大切なことなのです。ホタルが見れる地域は、水がキレイという証なんですよ。

お百姓さんはお米や野菜をつくったり、漁師さんは魚をとって生活しています。冬の季節は雪にとざされて外に出られないので、この湿気が多い気候を利用して、美しい丹後ちりめんを織って生活をしていました。

丹後ちりめんは主に絹糸を使った織物です。絹の糸は細くて、髪の毛の4分の1の細さしかないので、乾燥していると糸が切れて機が織れません。よく雨が降る湿気の多い丹後だから、ちりめんが織れるのです。

 

謎の男「なるほどなるほど。そうだったんじゃな。この雨のおかげでおいしいお米や野菜が食べれるんじゃな~。うんうん。うっ!はっ、はらが、腹が減ってきた~!ちょっとおにぎりを食べてくるからまたな。お母さん、おにぎり作って下さいな~。えっ、いやだ?そこをなんとかお願いしますよ~。」

 

宮津は天橋立で有名な京都府北部の城下町です。かつては北前船が寄る港として栄えたところでした。北前船とは、船の船長さんが、商品を売り買いして、主に日本海側を行き来して商売をしていました。

宮津で有名な歌「宮津節」の中にこんな歌詞があります。

♪ 丹後縮緬 加賀の絹 仙台平には南部縞 陸奥の米沢 江戸小倉 丹後の宮津でピンと出した ♪

これは全国各地の織物の名前で、宮津の名産には丹後ちりめんがありました。宮津も古くから丹後ちりめんの産地として栄え、西陣にも出荷していました。全国の織物におとらないものであったことがわかります。

 

第2話へ続く・・・・・

2012年08月20日

「写真から見る全国の町並み展」開催のお知らせ

写真から見る全国

現在ちりめん茶屋店内では与謝野町教育委員会が主催する

「写真から見る全国の町並み展」

を店内にて開催中です。

この催しでは、ちりめん街道を含む全国93地区の重要伝統的建造物群保存地区を写真で紹介。

与謝野町ホームページ

与謝野町の各展示会場と共にちりめん茶屋でも展示しています。

期間は9月6日(木)まで。