ちりめん街道 重要伝統的建造物群保存地区【京都府・与謝野町加悦】

街道観光マップ

旧加悦町役場庁舎

旧加悦町役場庁舎 近代建築史上貴重な洋風意匠と建築技術

丹後大震災後の昭和4年に完成。設計は宮津出身で甲子園球場を設計した、当時大林組設計部長の今林彦太郎氏が担当し、洋風意匠など最新の建築技術と工法を用いた耐震的な建物として、近代建築史上、貴重な遺構となっています。

ちりめん街道の北側の入り口に建つ旧加悦町役場は、昭和初期当時の丹後ちりめんによる繁栄ぶりを今に伝える建造物です。昭和3(1928)年、前年の丹後大震災で倒壊した庁舎に変わる新庁舎として、当時の町長であった尾藤家11代・庄蔵を中心に計画され、建設資金には西山工場の杉本米治からの寄付金1万円など、計2万1千5百円が投じられました。

建物構造

建物構造

木造総2階建て、建築面積は256.8平方メートル。鉄筋コンクリート壁として防火性を高め、四隅を上下階連続の壁とするなど耐震性の高い建物となっています。

レトロ感が残る内観と町長室

町長室

1階には町長室と応接室などの主要な室。造り付けカウンターやドア・階段・金庫等は改修されることなく、往時のまま保存されています。「町長室」の文字は右から書かれており、往年の風情を感じさせます。

観光案内と休憩所

民芸品紹介・観光案内

現在は与謝野町観光協会の建物として利用されており、加悦鉄道の資料をはじめ、織物(丹後ちりめん)の道具を利用した民芸品の紹介、地域の観光情報を発信しています。また喫茶や休憩場所としてもご利用いただけます。

京都銀行加悦谷支店の名残

建物構造

この建物は京都銀行加悦谷支店としても利用されていた経緯があり、その頃の窓口が今もそのまま残っています。硝子にはレトロな書体で「加悦町指定金融機関 京都銀行加悦谷支店派出」と書かれており、当時の名残を今に伝えます。

民芸品紹介

町長室

与謝野町指定の優良産品等、各種民芸品の紹介スペースがあります。ご購入は道の駅シルクのまちかや等でお求めください。

役場時代に活躍した金庫

民芸品紹介・観光案内

丹後大震災の復興のシンボルとして建設されたこの建物は、長い間加悦町役場として利用されていました。建物の一角にある花皆憧喫茶室の奥に、重厚な雰囲気を持つ金庫が今も残っています。

施設名 与謝野町観光協会(旧加悦町役場庁舎)
営業時間 9:00~17:00
休業日 無休(年末年始を除く)
住所 〒629-2403 京都府与謝郡与謝野町加悦1060
連絡先 TEL 0772-43-0155 FAX 0772-43-0155
ボランティアガイド 与謝野町語り部の会:ガイド1人につき2,000円の運営協力金が必要です。
駐車場 本観光協会の隣に有り。
ちりめん街道散策にはこの駐車場が便利です。
バス 道を挟んで『加悦小学校前』バス停あり・・・大阪行きの高速バスも停車
その他 公衆トイレ/レンタサイクルステーション/休憩室/喫茶/無線LANインターネット(FREESPOT)
花皆憧喫茶室のご紹介はこちら
ウェブサイト http://www.kyt-net.ne.jp/yosano-kankou/

最新情報

ニッケル鉱山跡地  2012/04/06 (Fri) from 与謝野町観光協会

道の駅シルクのまち かや正面に煙突が3本あります。 観光客の方々より「あの煙突は何?」って質問を受け...

ちりめん街道ウェブサイト > ちりめん街道観光マップ > 観光ポイント > 旧加悦町役場庁舎